住まい・インテリア

テレビの地デジ化

キッチンのアナログテレビを地デジ化するにあたり、室内アンテナで受信できるか、”デジサポ”から、アンテナ、チューナーを借りて、試してみた。

借用したアンテナは日本アンテナ製UDF80、チューナーはピクセラ製PRD-BT-103-PM1。キッチンの位置は北側、玄関から見ると奥。たぶん、中電界地区。

結果は×! チューナーで表示される受信レベルが50%以上無いと映らないが、30%〜45%。ただし、キッチンから少し離れた、床から1.2m位の場所が特異点で、ここならTBSとフジテレビだけ、受信レベルが60〜70%を示す。このレベルだときれいな映像が映る。(なぜ、2局だけレベルが高いのか、不明)

もし、室内アンテナで受信できるのなら、アナログテレビに地デジチューナー+室内アンテナで費用が安く、手間もかけずに地デジ化できると考えていたが、甘かった。面倒だけど、屋根のUHFアンテナで受信した電波を分岐するしかなさそうだ。あ〜〜〜、面倒!

網戸の戸車交換

網戸がスムーズに開閉できないので、外してみたら、戸車の一部が欠けていた。これ以外は見た目、原因になりそうな不具合が見あたらないので、新しいものと交換してみようと思い、ホームセンターを2,3軒覗いてみたが、見つからない。網戸は不二サッシ製だが、古いものなので、販売されていないのかな?

そこで、現物の形状を参考に、ググってみたら、楽天市場の”暮らしの百貨店”という店で、同じ物を発見、形状を確認してみると現物とぴったり一致。速攻で注文し、商品は翌日に到着。

1106_toguruma

交換作業は超簡単、古い戸車を網戸に取り付けているネジを緩め、戸車を外し、新しい戸車ネジで取り付けるだけ。これだけの作業で網戸は驚くほど、スムーズに開閉できる様になる。感動!

購入した戸車は2個で¥525、これに消費税¥26と送料¥480(クロネコヤマト)が加わって、合計¥1,031、とても良心的な価格だと思う。なお、送料は¥3,000以上購入したら、無料との事。

でも、網戸の取替用戸車まで、販売されているとは知らなかった。昔なら、こういう物はその手のプロしか入手できなかったのでは無いか?今はプロでなくても自分でやる人には、ネットを使えば、入手不可な物は無いと感じた次第。

引き戸の敷居を修復

リビングとキッチンを仕切る引き戸の敷居に貼っていたテープ状の”敷居スベリ”を交換した。

今まで使っていた物は、粘着剤の効果が無くなり、浮き上がってきていた。おまけに、”敷居スベリ”そのものも割れてきたので、修復せず、新品に交換する事にした。

古い物をはがしてみたら、敷居の底面がへこんでいて、どうもこの部分は、”敷居スベリ”と敷居の間に隙間が空き、”敷居スベリ”が浮きやすい様だ。交換後の様子を見る限り、すぐにはがれる気はしないが、次に剥がれた時は、パテ埋めして貼り直そう。

IKEAをぶらぶら

昨日、IKEAへ出かけた。ちょっと、いろいろと買い物をするつもりだったが、99%ぶらぶらしただけだった。残り1%は、乾電池を購入。

店の中を見て、欲しい物を見つけた。一つは、床に敷くカーペット。そろそろ寒くなってきたので、暖かそうなやつが欲しい。二つ目は手元を照らす照明。キッチンで使っている物が,壊れたので、その代わりを探してる。いずれも、デザイン、価格とも申し分ない。あとは、決断するだけ。

それと、レストランで食べられる”オーガニックトマトのパスタ”が普段の50円引きだった。ラッキーと思い、食べようと思ったが、多くの人が列に並んでおり、食べ始めるまでに時間がかかりそうだったので、諦めた。11/15まで値引きされているので、来週もう一度行ってみよう。ちなみに、パスタの代わりにホットドッグセットを食べた。
Osusume

黄色いキノコ

一昨日、庭の植木鉢に黄色いキノコが生えているのを見つけた。見た目はとても、食べられる様に見えなかったので、そのままにしておいた。昨日見た時は、すでに枯れていた。1日、2日しか生えていない様だ。

何という種類か、”黄色いキノコ”のキーワードで調べてみると、どうも”コガネキヌカラカサタケ”というキノコかもしれない。このキノコは、元々熱帯地方に生えているのだが、観葉植物用の土などに紛れ込んで、日本にやって来るそうだ。土を国内に持ち込む際は、消毒をしていると思うけど、このキノコの胞子には、効果が無いのだろう。

Photo1_2

イ草の下敷き

リビングの座卓の下敷きをイ草の物に変えた。夏だねえ。

Photo1

うちのペット

うちには、”どじょう”がいる。以前、子供達がもらってきた物だ。すでに数年以上、生きている。定かでは無いが、10年以上生きているかもしれない。意外と長生きだ。

そこらのホームセンターで買えるプラスチックの水槽に、砂利を入れて飼っている。カルキ抜きは投入しているが、水は普通の水道水、それも水替えは1週間に一度。餌は小粒の金魚用、それを毎朝1回、量は指で2つまみ。こんな悪条件で、よく何年も生きているのが、不思議?

ネットで、探してみると、どじょうは5,6年から10年近く生きると書かれている(どじょうの寿命参照)。飼っている環境の影響があるので、必ずとは言えないだろうが、数年は生きると言うことか。何とも生命力の強い生き物だ。

<どじょうの寿命>
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3715191.html

Photo32

[shopping] LEDランプ

IKEAでLEDと太陽電池を組み合わせたテーブルランプを見つけた。
電力は太陽電池だけで発生させ、それを2次電池に貯めておいて、
使うシステム。最近、LED照明の話を耳にするが、誰もが手に入れる
事ができるとは、思ってもいなかった。また、それが、太陽電池との
組み合わせで、わずか数千円で手に入るとは、びっくり!
ちょっと、購買意欲に火が付きそうだ。

<SUNNAN ワークランプ 太陽電池式>
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/00162479

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ