« ThinkPad X40へLinuxをインストールする(その1) | トップページ | ThinkPad X40へLinuxをインストールする(その3) »

ThinkPad X40へLinuxをインストールする(その2)

PuppyLinux、wattOS、LinuxBeanのISOイメージをダウンロードして、ライブCDを作成、動作確認してみた。どれも起動するが“完璧な動作”では無さそう。どれをHDへインストールするか、決めかねる。どうしたものか?

■PuppyLinux(Ver.571-JP):無線LANへ接続できない。3種類の設定ソフト?何れもアクセスポイント(AP)のSSIDを選択できない。他人のAPは選択できる(当然、パスワードは不明のため、接続できません)。何となくだが、理由はSSIDの文字数が多すぎる様だ。

■wattOS(Ver.R7.5-Microwatt-jp)は無線LANには接続できる。しかし、HDへインストールするために付属インストーラをクリックしても、起動しない。あれこれ、ネットで理由を探していたら、URLは忘れたが、どこかのHPに、これはインストーラのBugと書かれていた(必ずしも、起動しない訳では無さそう)。解決策は自分でインストーラーを作成すれば良いそうだが、僕の知識レベルではハードルが高い。

■LinuxBean(Ver.12.04 2014-03-25)はこちらも無線LANへの接続はOK。しかし、wattOS同様インストーラに問題有り。"インストールの種類”を選択する際、”続ける”が押せない。原因不明。

さて、この中からどれを選ぶか?ライブCDで使うのなら、wattOS、LinuxBeanどちらでも良さそう。しかし、HDへのインストールを目標としているので、選ぶとすれば、PuppyLinuxしかない。それとPuppyLinuxは日本語フォーラムがあり、初心者でも情報入手が簡単そうだ。無線LANへの接続問題さえ解決できれば、OKなので、APのSSIDの変更で解決できるのか、チャレンジしてみるか。 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

« ThinkPad X40へLinuxをインストールする(その1) | トップページ | ThinkPad X40へLinuxをインストールする(その3) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X40へLinuxをインストールする(その2):

« ThinkPad X40へLinuxをインストールする(その1) | トップページ | ThinkPad X40へLinuxをインストールする(その3) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ